はじめに

販売に向いてる人、向かない人

更新日:

私が最初に立ち上げた会社は、ジュエリー中心の販売請負業

90年代のまだバブルの名残があった時期です

世間しらずのおバカだったので起業できたようなもの…

販売を請け負う会社ですので、販売員は確保しなければなりません

私の会社はアルバイトニュースの常連さんでした

当時はまだ募集して応募してくる方も多く、年齢も20代から40代

「わたし、おしゃべりが大好きなんです。人とかかわるのも大好きですし、いつも話が盛り上がります」

やった!即戦力になる!! 喜ぶ私は接客たるもの、何かもわかっていなかったからです

ほんとは、お喋りな人は販売に向いていません

無口で人見知りくらが、ちょうどいい

私も昔そうだったので、よくわかります

事務しか経験がない、人と話すのは得意じゃない、モノを勧めて買ってもらうなんて絶対できない

その私が、やり続けると 販売って面白いじゃない!

無口な人は、相手の話をよく聞きます。相手のことをよく見ています

お喋りな人は、自分の話をするのが好きなので、相手の話を聞きません。

実は販売に向いている人は、自分が向いていると気づいていません

 

いま、どこも人手不足です

若い方は自分が成長できる企業で働きたいと考えています

自分の店の仕事は成長できる仕事に見えるだろうか? ちょっと立ち止まって考えてみませんか?

そして子育てで社会から離れていたママさんたち、社会復帰したいけど希望の職が見つからなくて困っています

「私は事務職なので」そう言ってたら毎年狭き門になります

接客業は経験を積むほど磨きがかかります

いいのか悪いのか微妙ですが、私の業界は70代現役なんてよくいます そのくらい、ながーく働くことができます

接客販売はたくさんのスキルを学べる仕事です

どんなスキル?興味がある方ははこちらの中で、具体的なスキルをご紹介しています

 

 

 

-はじめに
-, , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.