はじめに

水面下では足をバタバタ!?

更新日:

世の中で売られているものは、100円のものあれば、100万円のものあります

私が販売しているのは、購買習慣の分類では『専門品』というもの 金額が高く、めったに購入されないものです

いっぽう、最寄り品と言われるのは日用品や食品です

テレビなどで、農産物の品種改良やらをみていると ものすごい努力をされているんだなぁと尊敬します

売られている金額は安くても、ただ苗を植えて収穫なんて単純なことではありません

私の業界は、と言うと 高額品を販売しているわりに勉強したり、研究している人がごくわずか

私自身も業界歴30年以上ですが、ちゃんと勉強しだしたのは12年くらい 半分以上は特に努力することなく、消化するだけの仕事をしていました

キレイなものを扱っていいお仕事ね、と言われます

見た目も大事ですので、服装や姿勢、話し方にも できるだけ優雅にみえるように気を使います

でも、見えるとこだけじゃなくて、見えないところも頑張らないと!

白鳥みたいに 優雅にすーいすい泳ぎ、水面下では全力で足をバタバタ(※注1)

私が読んだ本の冒頭に書かれていたのは

『宝飾品は、最も古い歴史を持つ装飾芸術の一つである』 ジュエリーの歴史 ジョーン・エヴァンス著

日本の企業は男性中心の社会です

私の業界も仕入など企業の場合は、ほぼ男性でしょう

商品の企画で、ちらほら女性の姿が見られますが、ここも男性がメインでしょう

私はデビューしてから10年以上、販売はスペックを語ることと思っていました

でも気づきました

おっさんはスペックにこだわり、女性はイメージにこだわる(((´∀`))

女性のお客様に販売するには、スペックはいらないかもしれない!!

私が頑張っているのは、販売のやり方とイメージを語るのに必要な文化や歴史を勉強すること

まず、販売のやり方がわかると 仕事が楽しくなります

結果、売れます \(^o^)/

 

クリスマス、年末年始の売上アップのための短期集中オンライン講座のご案内はこちらから → 180分の販売力強化

 

※注1 白鳥は本当は足をバタバタさせていません。これは昔、マンガ「巨人の星」の中で使われた台詞で有名になりましたが、著者の創作です

 

 

-はじめに
-, , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.