販売基礎

じーっと見る癖

更新日:

私は子供の頃 「こら、人をじっと見ちゃだめでしょ」 叱られた覚えがあります

大人になっても、街をぶらぶらしながら 「あの人のスカートかっこいいな」「ヒールがボロボロでがっかりだね」「タイツの色、いいね」

とにかく周りの人のことをよく見ていました

 

みんなじっと見てると思っていましたが、ある時自分の変な癖だと気づきました

ええっ、私だけ? (@_@)

接客に関しては、25年以上自分の会社のスタッフ教えてきましたが、見ることで接客がぜんぜん変わることに気づいたのは5年くらい前

なぜ、私が販売できるのか その理由を論理的に説明できるようになったのも最近です

 

『わたしはお客様を観ることで、たくさんの情報をお客様から黙ってもらっているから販売できる』

販売していると、どうしても売らなくてはいけない商品を主役にしてしまいます

「いらっしゃいませ。こちらは入荷したばかりなんです。ご試着もできますので~」

すぐに商品のことを話してしまいます

売るモノのことばかり見てしまいます

 

主役はお客様、だから主役を見なければ、話を続けることはできません

 

あなたは、自分が嫌いな服を着ますか? 嫌いなバックを持ちますか? 嫌いなアクセサリーをつけますか?

目の前にいるお客様は、全身自分が好きなものでかためているはず

自分が気に入っているモノを褒められたら?

 

私はうれしいですし、褒めてくれた人は とーってもいい人と思ってしまいます

じーっと見る癖は、私の販売を支える大事なスキルになりました

 

メルマガ始めました

こちらはブログで書けない現場のこんなこと、あんなこと。売り場の人間関係、具体的なトークを中心に今まで質問を頂いたことに

お答えするような感じで配信します。質問やご意見も大歓迎です。接客販売のお仕事をされている方のお役にたてればうれしいです。

登録はこちらから ↓

パソコンの方はこちらから登録

スマートフォンの方はこちらから登録

 

 

 

-販売基礎
-, , , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.