コンサルタント セミナー 研修

「ニーズ」はないけど売れるモノ

更新日:

平成元年、私が勤務していた宝石サロンは、土日になると婚約指輪を買いにくるカップルで賑やかでした

結婚の約束の証になる「婚約指輪を買う」という明確な目的があったので、ダイヤモンドの品質を説明し、好みのデザインを選んでいただくだけで売れていました

平日はがらーんとして暇でしたが、それでもデパートの宝石サロンには「○○の記念」「○○のお祝い」など節目にジュエリーを求めるお客様はいらっしゃいました

ニーズがあれば、接客は難しくありません

希望にそう商品を準備すればよかったからです

今はモノが売れないとよく言われます

売上が厳しくて悩んでいるお店がたくさんあります

売上が右肩下がりになるのは、品揃えが悪いとか、店舗の立地とかではありません

ニーズがないからです

 

お腹いっぱいのとき、おいしそうな料理を出されたら? 食べれないですよね

いままで買ってくれた顧客は、お腹いっぱいなんです

少し歩いたり、運動して消化する時間が必要なんです

バブルのころから買い続けてきたジュエリーが、押し入れで山積みになっている方もいます

勧められるまま買ったけど、使われる機会もなく置いてあったら…

まずこのジュエリーを消化してあげましょう

お客様の身体の一部になることが消化です

お腹いっぱいなのに、無理に食べさせられたら、もう見たくもない!となるかもしれません

今まで買ってくれたお客様が、もういらないっと言うまで詰め込んでしまうと、嫌な記憶を作ってしまいます

販売員の仕事はお客様が買ったあと、自分のものになってから、もっともっと好きになって、大切に使ってもらえるように間を取り持つことです

 

じゃあ、ニーズがないのに、どうしたらいいの?どうしたら販売できるの?新しいお客様は少ないし、若い人は興味がない。そう思いますよね

一言で言えば、ニーズに気づいてもらう

 

平成の前半は、販売は簡単で楽しい仕事でした

平成の後半は、販売は思うようにならない、あまり楽しくない仕事になりました

令和の時代、販売はいろんなスキルが身に着く、自分を成長させてくれる仕事になります

本当の実力を試されると思うと、わくわくします

もっと勉強しないと、もっと楽しくしないと!どんどん変わっていく自分の未来が楽しみですね!!

 

人間は獣を追って暮らしていた時代から、装身具を使っています

石器時代の人はニーズなんて知らないけど、身を飾りたかったのです

ニーズがなくても売れるモノはあります

 

明日は新しい時代をお祝いして、おめかしして迎えませんか?

 

※画像はヴィクトリアン&アルバート美術館の宝石を展示している部屋です。数千年前からのジュエリーやアンティークが展示してあります

 

■ジュエリーが好きな方にお勧めの個人レッスンです

授賞式に着けていくジュエリーで迷ってしまう…晴れの席での装いで失敗したくない方にお勧め

→ ジュエリースタイリングが学べるレッスン

■接客販売は技術、経験は関係ありません。どちらかと言えば、内向的な人が向いています

→ 接客販売力を伸ばすカリキュラムのご案内

■集客に悩んでいる方におすすめ

→ 一度開催すると、自分たちでもできるイベント

 

 

-コンサルタント, セミナー, 研修
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.