販売基礎

お客様の声かけがわからない

更新日:

「こちらは、私どもの会社のオリジナル商品なんです。どうぞご覧ください」

「先月発表されたばかりの新作です。ぜひ、お着けになってください」

私は時々デパートのアクセサリー売り場をのぞいています

オリジナルです、新作です、試着できます、ここから10金です、ご自分用ですか?

だいたい言われることは、決まっています

そうそう!一度だけ、着ているコートの色を褒められました ♡ おぉっ、やるなぁと立ち止まりましたね

 

私は昔、一生懸命商品の説明をしていました

それ以外にお客様になんて話しかけたらいいのかわからなかったからです

「こちらは、お買い得品です」 「真ん中の石はルビーで、○カラットです。まわりのダイヤは○カラットなんです」

そんなこと、見ればわかる ヽ(`Д´)ノプンプン お客様は心の中で呟いていたはずです

昔の私のように、なんて声をかけていいのかわからず困っている販売員さんはたくさんいます

デビューしたての新人さんは、これができなくて「わたし、むいてないわ…」と辞めてしまいます

 

どうして先輩は教えてくれないんだろう?

その答えは、キャリアがあればあるほど、声掛けで苦労したことがないからです

25年、30年以上のキャリアがある販売員さんは 買いにきたお客様に商品をご紹介すればほぼ買っていただけました

お客様が買いに来ていたからです

今は買いに来るお客様はとっても少なくなりました 

 

それと、販売はセンスとか経験 先輩のやることを見て覚える…なんて考えている方がいまだに多いんです

先輩も教えてもらったことがないから、教えることができません

レジの扱いや商品並べ方、掃除の仕方や電話の応対は教えてくれるでしょ?

販売のやり方は、誰も教わったことがないから、教えられないんです

意地悪じゃありません

みんなどうしたらいいのかわからないから困っています

私はお客様に 「おはようございます」 とか 「こんにちは」 ご挨拶します

お客様は優しいから、「こんにちは」 と返してくれます

まずは、ご挨拶してみませんか?

 

 

-販売基礎
-, , , , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.