販売基礎

女性に伝えるとき、男性に伝えるとき

更新日:

今週末はクリスマス

彼に、彼女に、子供たちに…街には喜んでもらえるプレゼントを探している人がたくさん

女性はお買い物が大好きですが、毎年となると実は悩むことも多いのです

男性は女性に喜んでもらえるか、ドキドキじゃないでしょうか

そんなとき、サクッとアドバイスをしてくれる販売員さんがいたらうれしいですよね

 

だからといって、待ってました!プレゼントですよね!という接客は売る気満々が伝わってしまいます

販売員はお客様の心に「信頼」を伝えないといけません

「あ、この販売員さんなら相談できる」「お任せしても安心だよね」「この人から買いたいな」

 

女性のお客様には、共感できる問いかけから入ると、共感で返してくれます

「クリスマスプレゼント、私は毎年悩んでしまいます。お客様もいろいろ考えられて悩まれるほうじゃないですか?」

男性のお客様には、競争本能を刺激して自尊心をくすぐると、すいすい話がすすみます

「お客様はおしゃれですから、選ばれるポイントはほかの方とは違うような気がします」

 

最初に何を伝えるのか

 

お客様に選ばれる販売員さんは、男性、女性で伝え方を変えています

迷えるお客様のお手伝いをして、ありがとうと言われる販売をしたいですね

 

 

-販売基礎
-, , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.