販売技術

ファッションに興味があるかないかで説得力に差がつきます

更新日:

「お客様でしたら、こちらのデザインも着けこなしていただけそうですね」

「あら、よく私の好みがわかったわね。おほほ」

私はお客様とよくこんな会話を交わしています

初めて会ったお客様の好みが、なぜわかるのか…

 

その答えはとっても簡単で、服を見ればおおよその検討はつきます

ジュエリーはファッションの仕上げのようなもの、なんですが

日本は最初のスタートが、ちょっと違う感覚で始まってしまいました

それは「揃える」という接客トークを使ったのが原因です

 

ジュエリーの本場西欧では、ファッションの変化とともにジュエリーも変わっています

髪を結い上げるのが流行れば、大きなイヤリングが流行る

胸がグッとあいたドレスになれば、大きな胸全体を飾るようなネックレスができる

ファッションとジュエリーはいつの時代もリンクしています

金やダイヤモンドが少ない時代、流行が変われば、流行遅れになったジュエリーは作り直されていました

 

ファッションに合わせるのは、ジュエリーを選ぶ大前提なんです

 

ジュエリー業界は男性社会 販売に携わる男性もたくさんいます

今からはファッションに興味がないと、おいていかれるかもしれません

「○○様、とてもお似合いですし、このお石は希少価値がございますので、ぜひ」と言うか

「○○様、先日お召しだったシャネルのジャケットの色にも合いますし、長さもぴったりではありませんか」

女性の心に響くのはどっちでしょう?

 

コーディネートセミナーで男性受講者に質問したことがあります

「チュニックはわかりますか?」

ほぼ皆さん ?

ファッションをわかっていると、接客が変わります

今から雑誌コーナーに行きませんか?

 

お客様のスタイルから提案するイベント、簡単に集客ができるイベントはこちら → マイスタイル企画

 

接客のやり方に興味がある方はこちらでご案内しています ↓

-販売技術
-, , , , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.