販売技術

邪魔にならないのはいいこと?

更新日:

「お客様、高さもないでし、引っかかりもない、邪魔にならないので使いやすいですよ」

何百回言ったことか…

着けやすい、普段から使える、愛用できる

ジュエリーは高額品ですので、お客様にいつも使ってもらったほうがお得感もアピールできます

いつの間にか、お客様の頭の中に、ジュエリーは邪魔にならないのがいい。普段使えるのがいい、楽なのがいい

そんなイメージを作り上げてしまったようです

 

かわいそうに、個性的でボリューミーなジュエリーは肩身の狭い思いをしています

 

私も、そう言って販売してきましたが、今は逆のトーク

「お客様、この指輪は高さがあるでしょ、おまけに地金もしっかり厚みがあります。ボリュームがあるので邪魔になりますけど…」

この続きは、このボリュームだから個性も発揮できますし、印象に残る、インパクトがある!という良いことをお話しします

高さのある指輪は、モノにぶつかることも多く、気を使います

気を遣う = 大事に使う = 仕草が丁寧になる

 

ジュエリーは楽して着けるより、緊張感と共に着けてほしい

毎日とは言いませんが、このとき、この場面で、この人の前で

ピーンと張り詰めた緊張感は、いつもと違うあなたの魅力を見せてくれます

 

カジュアル志向はいいけれど、手抜きちゃうよね?

ちゃうちゃう

関西弁がぴったり この言葉の響きがかなり気に入ってます

「邪魔になる指輪」を販売してみませんか?

 

 

接客のやり方を変えると、販売が楽しくなります

セミナーのお問合せはこちらからどうぞ ↓

-販売技術
-, , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.