販売技術

桜の季節から紅葉になれどアプローチは同じ「質問する」で売上倍増!!

更新日:

 

お客様に挨拶した、足を止めてくれた、軽い会話をした よしファースト・アプローチは成功♡

「○○公園の桜は、もう満開のようですね」 「そうですか」

さて、この続きはどうする?

アプローチのセミナーでたいていの人はここで商品の話を始めてしまいます

「お客様、こちらは当社のオリジナルカットのダイヤモンドです。どうぞご覧ください」

桜の話題でほっとしかけたお客様は、すぐに警戒モードに逆戻り

 

ゆっくり見たかったのに残念 販売員さんがずっと話しかけてくるし、ついてくる

面倒だから、他のお店で見よう だって見てるだけだもん

販売員はがんがん売込むのが仕事、と思っている人もまだいますけど

販売員はお客様の話を聴くのが仕事

 

喋らなきゃ、シーンとなっちゃだめ、そう思って焦るほど 次々に商品を出しては説明

「こちらのピアスはシンプルなデザインで、お石はブルートパーズです」

お客様は、チラッと見て心の中でこう言ってるかもしれません

「見ればわかる」

 

さて、何をお勧めしよう? 焦って考える前にやることがあります

販売員さんの正しい行動は さて、どんな人なんだろう?

このお客様は何色が好きなんだろう? 今日は休みなのかな? 近くなのかしら?

お客様に興味を持てば、質問したくなることがたくさん だって初めて会った人なんですもの

「お客様はピンク好きですか?」

「ピンクは好きだけど、似合わないのよ」

 

相槌と突っ込みで、お客様のことを少し知ることができます

最初の会話から、ちょっと想像力を使って質問してみてください

あなたが喋り倒さなくても、ちゃんと会話のキャッチボールができます

会話ができる販売員さんは、お客様に信頼されます

 

お客様の足が止まる、アプローチの極意をお手軽オンライン講座でいかがですか?

詳しい内容はこちら → 12月の売上倍にする研修

 

 

接客のやり方を体系的にセミナーでご紹介しています

詳しい内容はこちらからご確認ください ↓ このブログのバックナンバーもお勧めです


 

 

 

 

 

 

 

-販売技術
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 販売力を上げて店舗の売上を伸ばし リピーターを増やす方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.